阿嘉島サンゴの産卵を見に行けるククルル!!


年に一度だけ海の神秘に立ち会うことが出来る。

初夏の満月、大潮前後の夜サンゴ達はタイミングを示し合わせたかのように一斉産卵を開始

新しい生命が誕生する瞬間味わったことのない感動がそこに・・・

トップページ

ショップ紹介

BLOG

アクセス

ご宿泊

ご予約

Q&A


神秘のサンゴ。サンゴとは・・・?

ひと口にサンゴといっても色々ありますが、ここではサンゴ礁を造り上げている成長の早いもの『造礁サンゴ』が主役。
ダイバーが慶良間の水中でよく目にするサンゴたちですね。
サンゴをよ〜く見ると小さな花びらのようなもの(1o〜3o)『ポリプ』と呼ばれるものですがたくさんあるのがわかります。
それぞれ独立していて口と胃袋(胃腔)だけの単純な構造をしており、口の周りに放射状に並んだ触手で動物プランクトンを捕まえて食べます。このポリプがたくさん集まったものが1つのサンゴ株・群体となっています。
(中には群体を作らず1つのポリプだけで単体生活をおくるものもいます=クサビライシ類)
ポリプたちは各々が作り出す石灰質の骨格でつながっていて枝状や塊状など様々な形の群体となっています。

サンゴには雄・雌があるのか・・・?

答えはイエスでもありノーでもあります。
種類によって雌雄同体のものと雌雄異体のものがあります。 今回観察するミドリイシの仲間は雄・雌が一体のタイプ、雌雄同体になります。 産卵といっても実際は卵だけでなく卵と精子が一緒に入ったカプセル『バンドル』を放ちます。 水面に上昇したこのカプセルがはじけて他の群体から放出された卵や精子と受精します。 約2日後にはプラヌラ幼生となり海中を漂います。 岩盤に着床するとポリプとなりクローン作戦でどんどん増えていきますよ〜。

サンゴの産卵ナイトダイビング
料 金¥10,000(税別)
含まれるものケミカルライト・タンク・ウエイト・(ドリンク付き)
参加条件・ナイトダイビングトレーニングを行っている事
・中性浮力が確実にとれること。(日中にチェックさせて頂きます)
備考 ・出発時間は午後21時30分ごろで、エントリー開始は21時50分〜22時10分になります。
・ライトレンタルは行っておりませんのでご持参ください。
諸注意*出港の可否は夕方18時30分過ぎに決定します。
参加予定の方は夕食時にアルコールを飲まないように気をつけて下さい。
2017年度6月8日(木)〜15日(木)予想
サンゴの産卵写真1 サンゴの産卵写真2 サンゴの産卵写真3